スロット モンスターハンター月下雷鳴 設定判別

スロット モンスターハンター月下雷鳴 設定判別

もっとも魔法による対話の時点で危険視はされているだろうと思われるため、それほど危険視について問題であるとは公也は想っていない

とりあえず公也にとっては話ができる相手であるとわかった時点で十分だった

「……あなた、あなたたちは…………」「先ほどそちらと魔法によって話をしていた人物……だな

あなたも好きかも:キャビン パチンコ 笹木野
魔法で話していてもいいが、色々と話すには直接話した方がいいだろう」「ど、どうやってここに!」「入ってきたのを誰か見たか!?」「……魔法使い、そう考えるならここに来たのも魔法かしら」「空間転移……だな

あなたも好きかも:戦姫絶唱シンフォギア スロット
流石に今回は消費魔力も結構なものだが」「ありえない! そもそも空間転移なんて……」「……実際に実現できているわ

魔法使いとして上位、強力な力、魔法の技術を持つ存在ならできなくもないでしょう

それをできるような存在を私たちは知っているでしょう?」「…………」「あれとこの魔法使いが同じくらいに強いと……?」「そんな魔法使いがなんで……」 公也が突然現れたこと、それで結構な騒動……にはなっていないが、色々な意味で騒がしい状況ではある

公也が行ったのは今この場にいる組織のリーダーを対象とした空間転移

あくまで座標を指定する目安としての対象であり別に本人の元に転移する目的はない

あなたも好きかも:まどマギ 前後編 スロット 期待値
周辺、広めな場所に転移してきただけである

一応空間転移は座標を指定する要素があっても根本的には難易度の高い魔法であり素質があっても普通に転移するだけでも魔力消費は大きい

行ったことのない場所、座標を指定する要素があるとはいえその存在自体とかかわりが深いわけでもなく、地脈の通りがいいわけでもない密室、距離的にもかなりの距離になるゆえに転移に必要な魔力量は多い

空間に穴をあけ一時的な扉を作るタイプではなく、人を直接そこに連れて行く送り込むようなものであるのも消費の大きさに繋がっている