スロット タイガー&バニー フリーズ

スロット タイガー&バニー フリーズ

……そう言えば他のメンバーの名前を聞いていなかったわね」「男が二人……! ちょっとマイ! ライトって名前まで知ってて……それにギルドメンバーって……!」 俺達の事を話そうとしたマイさんだが、その仲間と思わしき人が俺達

主に俺とセイヤを警戒していた

 見たところ女性二人だけのパーティ

確かに男を警戒するのは分かるかもしれないな

あなたも好きかも:スロット 10万勝てる台
「マイさんがもう話してくれたけど、一応名乗るか……俺の名前はライト

ギルドに勤めている剣士だ」「僕の名前はセイヤ

あなたも好きかも:スロット 目黒
同じくギルドに勤める弓使い(アーチャー)だよ」「やっほー! 私ソラヒメ! ギルドの格闘家《ファイター》だよー!」「えーと、ユメと申します

ギルドで魔法使いやってます」 警戒はすぐに解けないだろう

しかし、取り敢えず何も知らないという恐怖心を和らげる為にも自己紹介をした

 ギルドメンバーの証も見せたので嘘は言っていないという事は教えられた事だろう

「……っ

そう真っ直ぐに自己紹介されても……けど、本当にギルドメンバーみたいだね……何でこの人達を?」「そうね

協力関係を結ぶ為よ

あなたも好きかも:安藤会長 パチンコ
ほら、ギルドには色々と裏話が出回っている反面、その実力は保証されているじゃない? 私達は二人だけのパーティだけど、だからこそ他者の実力は必要でしょう?」「別に私だけで良いじゃん……二人でここまでやって来れたんだし……」 不貞腐れるマイさんの仲間