スロット スパイキー 設定キー

スロット スパイキー 設定キー

「靴下持った?」「うん」「ヘアブラシは?」「うん」「ちゃんと髪の毛を乾かさなくちゃ駄目よ? マフラーと手袋して行きなさい

外は寒いから

あなたも好きかも:スカイ ガール スロット
お姉ちゃんのダウン、貸してあげましょうか? あっちの方が暖かいかも」 言いながら、優樹の服の襟元をキュッと軽く締めて風を取り入れないようにする念入りな真里乃に、二階から降りてきた洋一が苦笑した

「真里乃さん、世話焼きすぎっスよー」 真里乃は「ん?」と顔を上げた

あなたも好きかも:スロット 秘宝伝 ラスト 朝一
「あら、そう?」「オレらと同じ、十六なんだから」「ガキじゃないんだしさー」 と、一歩遅れてやって来た白川も同意して頷くと、真里乃はキョトンとした

「私からしてみたら、あなたたちはみんな子どもよ?」 当然のように言われ、洋一と白川は「うっ……」とショックを露わに身動ぐ

あなたも好きかも:アナザー パチンコ v外し
「そうそう、子どもなのよねー」 生美は二階から降りてきて苦笑した

「特に、あんたたちは」「だよねだよねーっ」と、華音も駆け下りてきて笑った

「洋一君と白川君なんて、ガキだよねーっ」 二人はムッと目を据わらせる

 真里乃は苦笑すると、鞄を持ち直す優樹を見て、「……ほら」と、閉め切っていない鞄のチャックを上げた

「中の物を落としちゃうでしょ、ちゃんと閉めなさい」「お姉ちゃんも一緒に行けばいいのに……」 少し寂しげに見上げる優樹に、真里乃は困った顔で笑った

「生美ちゃんたちといってらっしゃい

お姉ちゃんは忙しいから」「んー……」「迷惑掛けちゃ駄目よ? いいわね?」「……普通にオカンやん」と、ソファに座って大介が笑うと、「大きな子どもですね」と、勝則も笑う

 真里乃は顔をしかめ、優樹は気にすることなく「あ、コートコート」と、荷物を置いてコート掛けまで行き、コートを取ってきた