化物語 2 スロット 評価

化物語 2 スロット 評価

すぐに俺は彼女の身体から両手を離して、マイカが介抱している気絶したセイとの間に壁になるように入り込む

あなたも好きかも:スロット 今日も負け
しばらく座り込んだまま考えたアルナは「これは……内々に解決しようと思っていたのですが……」と先ほど、森の中でマカブがチラッと言っていた、西部国境線外の竜の巣に棲みついた、ガルモウグのことを話し出す

「ガルモウグが竜の巣で確認されたのは、一週間前のことでした」 「最近なんだな」ということは、俺が南海諸島であいつを追い払ってから わりとすぐにローレシアン付近まで来たことになる

一時はワイバーンをその地に大量に集め、  大規模な進行を計画していたようなんですが……」 「……大いなる翼……タカユキ様……帰ってきて……作戦変えた……か……」 「そのようでしゅ

ワイバーン部隊は解散させたようなんですけど そのまま、ガルモウグ自身が国境線付近の村々の作物や家畜を 荒らすようになりました」 「みみっちぃな……」 「そうなんですよ

あなたも好きかも:youtuber あすか パチンコ
だから中央政府にも救援要請が出せずに こちらの防衛の手間や、被害が毎日小さく積みあがっていくばかりで……

 ガルモウグはかなり強いので、下手に手は出せませんし……」ガルモウグの性格の悪さはよく分かった

確かにこの事実をもっと後で俺が知ったなら物凄く気分を害しただろう

恐らく、やつの狙いもそれだけだ

嫌がらせのためだけに細心の注意を払う竜の親玉か……すげぇ嫌だな……

「……私の……同類か……」 「そんなことないよー!マイカはいつだって皆に優しかったでしょ?」 「……いや……嫌な……上司に……隙あらば下剤……常に……飲ませて……た……」 「バルガンヌさんがトイレに篭りっきりだったのは、それだったんだ……」 「……みんなへの……セクハラ……酷かった……仕方なし……」ホワイトリールでのメイド同僚時代のことだろう

ぶっちゃけ犯罪行為だが、昔のことなので俺は聞かなかったことにする

「で、どうするんだ?」 「うーん……夫やマカブさんたちも悩んでいるみたいで……」マイカがニヤリと笑い、俺に口を開く

「……タカユキ様……目には……目を……悪霊には……悪霊を……ぶつける……んだよ……」 「え、えーと、つまり嫌がらせ返しをガルモウグにすると?」 「……うむ……二度と……ガルモウグが……こなくなるよう…… ……心と……身体で……分からせる……」いきなりセイががばっと起き上がって「明けましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします