横浜 カジノ 反対運動

横浜 カジノ 反対運動

場所、方角共に不明ですが・・・かなり警戒しているようですね」「警戒?静かにしてるわけじゃないのか?」「はい・・・先輩はナイフを装備しています

あなたも好きかも:パチンコ 警察 検査
臨戦態勢に入っています」康太が臨戦態勢に入るだけの何かと接触したということは、つまり第三者の魔術師の介入があったとみるべきか、あるいは康太が戦わなければまずいような動物が現れたのかの二択だ

「ベル、一応依頼を受けてきてる魔術師の詳細を確認しておいてくれ

あなたも好きかも:レトロ スロット 中古 販売
もしかしたら先に動いてた魔術師と遭遇したのかもしれないからな」「了解

違った場合は戦闘?」「もし相手がウサギを確保してたら戦闘だ

あなたも好きかも:スロット キングパルサー 朝一
奪い返す、あるいは殺す」その言葉に土御門の二人がわずかに反応する

別の魔術師がいたということはウサギを探すために活動しているということでもある

それが協会からの依頼を受けてやってきている魔術師ならばいいが、もしそうではなく、ウサギを逃がそうとした可能性のある魔術師だった場合、交戦もやむなしと康太は考えていた

「・・・先輩・・・もし俺らがフリーだったら、ウサギを俺たちに預けてくれませんか?」「いいけど・・・なんでだ?」「先輩らが足止めしてくれれば、俺たちでウサギを連れて協会まで逃げます

予知しながら逃げれば逃げられる可能性は高いです」康太と文は一瞬顔を見合わせて考え込む

確かに未来予知と索敵の魔術を併用すれば逃走はかなり容易になるだろう

未来の情報を常に取得できるということはかなりの強みだ

特に相手の動きと自分の動きを把握したい逃走状態であればなおのこと

逃げ切れる可能性は十分にある

二人に任せても問題はないように思える

問題は無傷でウサギを相手から奪還できるかというところである

「相手からウサギを奪い取れるとは限らないぞ?」「先輩ならできると思います

お願いします」康太の実力を信頼しての頼みに、康太は苦笑してしまっていた