ワルプルギスの夜 パチスロ

ワルプルギスの夜 パチスロ

「一つ質問していいかな?」「なんだ?」 珍しいコレットからの質問に、フローリアが首を傾げた

「フローリアが女王になるのでしょう?」「・・・・・・そうだな」「ということは、当然早く子供を作るように望まれるのよね?」「ああ、そうなるな」「そういうのって、プレッシャーになったりしないの?」 コレットの疑問に、フローリアは目をぱちくりとさせた後で、腕を組んでしばらく考えた

 コレットの態度から簡単に答えていい物ではないと思ったのだ

「無いとは言わないが・・・・・・私の場合は、良い意味でも悪い意味でも慣れてしまっているのだろうな」「慣れてる?」「ああ

そもそも私は、王女として育てられているからな

あなたも好きかも:13日 パチンコ イベント 愛知
男ではないとはいえ、いざというときの王家の血筋を残す役割も残っている」「・・・・・・そういう事ね」 そもそも王家としての第一の役割は、次代の血族を残すことだ

 いくらいい治世を行ったとしても、次代を残すことが出来なければ、次の代で国が乱れてしまうことになる

 当然王家の第一の役割は、その血筋を残すことになる

 フローリアは、そういった環境で育ったために、国のために子供を残すことは当然といった感覚になっているのだ

「そう言う意味では、フローリアを女王に据えたのは良い選択だったのかしらね」 シルヴィアが含むような視線を考助に向けた

あなたも好きかも:天蓋 パチンコ
「いや、別にそう言う意味で選んだわけではないんだけど・・・・・・」 考助がばつが悪そうな表情になり、フローリアを見た

あなたも好きかも:パチスロ 電球
 考助にしてみれば、どうしたって人口が多くなるヒューマンを治めるには、ハイヒューマンであるフローリアを選んだほうが良いと考えたのだ

 何より、子供の事はともかくとして、王女として教育を受けてきているというのもある