偽物語 甘い スロット

偽物語 甘い スロット

《せっかくだけど……帰っててくれるかな?》 優樹は少し目を見開いて「え?」と顔を上げた

 どういうことだろう? と考えてもすぐには答えが出ない

あなたも好きかも:スロット 設定 判別
ただ、混乱してしまう

「で、でも、あの……加奈ちゃんは……」 大事なことを置き去りにされたままでは動けない

 躊躇い目を泳がせて問うが、《うん……ちょっとね》と言葉を濁されてしまった

「……ちょっと?」 首を傾げて怪訝に繰り返すものの、保宅から話し出そうとする気配は感じられない

《無理してると体に障るから

帰ってゆっくり休んでなさい》 医者の命令口調だ

あなたも好きかも:協力 オンラインゲーム
――いくら鈍い優樹でも、これはさすがに怪しく思った

「はいわかりました」と物わかりよく返事が出来るわけがない

「あの……加奈ちゃん、どうかしたんですか?」 答えてはもらえないだろうとわかってはいても、大切な親友に関わること

心配して来ているのに、理由も聞かされないまま帰宅を促されるだけでは納得が出来ない

あなたも好きかも:スロット ブラックジャック 新台 評価
 真顔でテーブルを見つめて問う、引く気のない優樹の頑固さに保宅も強気には出られないのか、《うーん》と怪訝に唸った