ナナリー目 スロット

ナナリー目 スロット

彼らを見て康太が何を考えているのか、文は何となく察していた

何せ康太の体からほんのわずかに黒い瘴気が漏れ出しているのだ

気づけないはずがない

あなたも好きかも:パチンコ 手数料
その挙動に、その思考に追い付けないはずがない

「ビー」「・・・なんだ?ベル」文が不意に術師名で呼んでも、康太は何も驚かずに反応を返した

もう何度この名で互いを呼んだだろうか

もう何度この名で呼ばれただろうか

あなたも好きかも:自由空間 ゲーム機
康太と文、ブライトビーとライリーベル

あなたも好きかも:茨城 つくば パチンコ
一人の人間としても一人の魔術師としても、二人は長い時間を一緒に過ごしてきたのだ

「あんたに初めて会った時、初めて戦った時のこと、覚えてる?」「覚えてるよ

一本の木刀と二つの魔術でお前と戦った時のことだろ?」「そうよ・・・私は負けて、あんたは勝った

一緒に過ごすようになっていろいろあって・・・あんたはいろいろ抱え始めた」「・・・抱えてるつもりはないんだけどな・・・」そういって康太は自分の体からデビットを顕現させる

黒い瘴気は人の形をいびつに作り出していく

夕焼けをまっすぐに見つめる黒い瘴気は、何か思うところがあるのかその光から目を離すことはなかった

「ビー、もう何度も言ったことだからもう同じことは言わないわ