永井 パチスロ

永井 パチスロ

異常な光景だと言わざるをえないのだが、いい加減になれるべきだといわれれば、反論の余地がないのも事実だった

このような不測の事態は、いつだって起こりうるのが彼女の職場なのだ

「皆さん、準備はいいですね?」 おっとりとした声には、強い力があった

「はーい」「へ?」「いつでも」「は」「では、いきますよ」 そういったのは、ファリア=バルディッシュだ

見ると、深いシワの刻まれた、それでいて神々しいまでに凛々しい老女の横顔に、意識を持って行かれそうになった

ファリア=バルディッシュが身につけていた白の長衣が淡く輝いたかと思うと、彼女を含めた五人の体も光に包まれていた

重力が消えたような錯覚が安心感を伴って、彼女の意識を覆う

あなたも好きかも:市川 ぱちんこ
 どっと疲れを覚えたのは、同僚たちが冷静に振る舞っていられた理由を悟ったからだ

あなたも好きかも:スロット 目黒
落下速度の低下は、ファリア=バルディッシュの召喚武装・天流衣の能力だった

つまり、冷静に考えれば、落下死する可能性など最初からなかったということだ

 彼女の砲撃によって大きく抉れた大地に着地すると、脱力のあまり倒れそうになる

「はりきりすぎですよ」 ファリア=バルディッシュが、彼女の倒れかけた体を支えながら微笑んだ

あなたも好きかも:偽物語 スロット 運命の分岐
彼女は、慌てて飛び離れると、背筋を伸ばして敬礼した

何年経っても、これだ

女神の優しさに感激するよりも、まず、自分の失態を呪ってしまう