nanosim スロット

nanosim スロット

「陛下に忠誠を近い、魂までも捧げた獅徒ヴィシュタルたるぼくがどうしてここにいるのか

君も少しは冷静になって考えてみたらどうだい」「……おまえは」 セツナは、クオンの目を見つめた

獅徒になりながらも碧く美しい瞳は、かつての彼を思い出させるものだ

あなたも好きかも:東京 スロット エックス
「おまえの目的はなんなんだよ」「……最期に君とじっくり話し合いたかった

それがひとつ」「最期……?」「もうひとつは、君に知っておいて欲しかったんだよ」 彼は、セツナの疑問には答えず、穏やかにいった

「この世界の真実をね」 彼の真剣そのもののまなざしを受けて、セツナは言葉を飲み込んだ

あなたも好きかも:rega パチンコ
 世界の真実

 それはだれもが知りたがっていたことであり、セツナもまた、そのひとりだった

「どうするのよ!? セツナ、捕まっちゃったままじゃない!? 自力で脱出してくるんじゃなかったの!?」 ミリュウが取り乱すのも無理のない話だった

 セツナがザルワーン島上空に到達し、ネア・ガンディアの飛翔船がつぎつぎと轟沈している間はよかった

だが、次第にその勢いも衰え、ついには船が沈まなくなると、セツナが苦戦している様子が明らかとなった

それはそうだろう

数多の神々、無数の神人、神獣が現れ、つぎつぎと襲いかかったのだ

苦戦するのも当然であり、むしろ、少しでも持ち堪えた事実だけでも驚くべきことだった

そして、セツナはネア・ガンディアの神々に拘束され、姿を消した

 それから、半日が経過している