リゼロ スロット エンディング 曲

リゼロ スロット エンディング 曲

気楽にしておけ」 気楽になんていられるか

 そんなことを口にするよりも早く、芽衣は単独で山の中に消えていった

「テテュラちゃん!!」 みんなが心配そうに見守る中、アイシアは揺さぶり呼びかけようとすると、「――待てっ!! マルキス!!」「――!?」 ビタっとアイシアは動きを止めた

「どんな状態か、わからないのだ

あなたも好きかも:スロット ct 6号機
下手に触るなっ! ……ウィルク」 ここは治癒魔法に長けたウィルクに調べるよう促す

 先ずは身体全身をじっくりと観察し始める

 どうやら治癒魔法の勉強がてら、医師としての技術も多少身につけているようで

今までで一番ハイドラスの側近らしさが垣間見える

 俺達が見た感じでもこの青白さは異常だ

「テテュラちゃん、ちょっと触るよ」 次に脈を確認するようで、か細い腕を持ったウィルクは、触った瞬間、驚愕する

「――なっ!?」「どうした?」「……身体が冷たいです」「!?」 ウィルクの手から感じるのは、ひんやりとした感覚

あなたも好きかも:天井狙い 期待値
とてもじゃないが、人間の体温ではないと考える

 だが脈の部分は微かに鼓動が鳴っているのを指で感じる

「――ですが、生きてもいるみたいです」 テテュラの状態一つ一つに一朝一夕になってしまうが、状態が状態故、仕方ないと考えてしまう

 だが、絶望的な状況の方が多く、ウィルクが持っているテテュラの腕から亀裂が入った

「な……ヒビ?」「ヒビだと!?」 ハイドラスも確認すると、ウィルクの持っている部分から、ビシビシと少しずつ亀裂が入っていく

「すぐに離せ、ウィルク」「了解です! 治癒魔法をかけますか?」「……可能性が少しでもあるなら、試すべきか」 頭を悩ませながら、渋々と言った言い方で許可した

やっぱりこんなこと前例には……」「あるわけないだろ