新百合ヶ丘 パチスロ

新百合ヶ丘 パチスロ

「────ッ!!!」 通常ならば消し炭になってしまうほどの攻撃を受けたライは思わず叫びそうになる

 それを見たゾフルは勝ちを確信したような、それ程に邪悪な笑みを浮かべて言う

「クハハ!! 痛みを堪《こら》えてねェで!! さっさと叫び声を上げろよォ!! ガキなんだからなァ!! 泣いても良いんだぜェ!!?」 そんなライの様子を見、心の底から楽しそうに高笑いをするゾフル

二つの攻撃を受けながら、ライは何とか言葉を発する

「……ッ! ハッ……! 抜かせ……! どうせお前の攻撃は……星を砕ける訳じゃねえんだろ……?」「……あァ?」 ライの言葉を理解していない様子のゾフル

それを無視し、ライは歯を剥き出しにしつつフッと笑って言葉を続ける

「この俺に……一撃でもダメージを与えたけりゃよお……

山河や天地を砕く『程度』の……自然でも出せるような攻撃じゃなく……支配者や神や勇者や……魔王が出すような……! ──世界を……星を……宇宙を……!! 『全てを粉々に粉砕するような攻撃』でもしてみろッ……!」 ──刹那、ライはゾフルの腕を弾き、数千度の轟炎と数億ボルトの霆《いかづち》から抜け出した

あなたも好きかも:パチスロ 北斗 設定
「なにッ!?」 ゾフルは困惑の声を上げる

あなたも好きかも:咲 スロット cz
 先程も述べたように、ゾフルが放っていたのは触れた者を一瞬で消し炭に出来る攻撃だ

あなたも好きかも:パチンコ バイト カップル
常人なら数秒も持たずに死に行くであろう攻撃

「ハッ……ちょっとは痛かったぜ……?」 それを受けても尚《なお》、ライは軽い火傷や擦り傷程度の負傷しか受けていなかった

 ライはゾフルに放った言葉を続ける

「そして……俺とお前の距離は僅か数センチ程度……これなら……『確実に俺の攻撃がアンタに当たる』……!!」「…………!?」 そう、ライは始めから、『確実にゾフルを仕留める方法を考えていた』のだ

 いくら魔王(元)を宿し、魔族の中でも上位に食い込む実力があったとしても忙しなく動く者に攻撃を当てるのは少々面倒である