認定申請 スロット

認定申請 スロット

「モトとは違って」 彼女が羨ましげに見つめたのは、ワイングラスにウイスキーを注ぎ出したモトちゃん

 モトちゃんの場合は、サトミとは対極に位置するくらい

 外見はどちらかといえば普通で、十分優秀ではあるけどサトミには到底及ばない

 ただし知らない人でも気安く声を掛けられるだけの親しみやすさがあり、自分から声を掛けるのも厭わない

 自然と彼女の周りには人が集まり、意見を求めてくる

 ただし私からすれば二人とも贅沢な無い物ねだりをしているだけで、何も持ち合わせてない自分からすれば今のままで十分すぎる

「私が、どうかした」 少し赤い顔で話しかけて来るモトちゃん

あなたも好きかも:パチンコ ビレッジ 検定 情報
 基本的にお酒に飲まれるタイプではなく、自分を見失う事もない

 この辺りが、サトミの気にする部分でもあるだろう

 彼女は冷静なように見えて、意外と頭に血が上りやすいので

あなたも好きかも:ポーカー確率
「学校に立ち向かうためには、生徒に受けの良い子が必要って話」「受け、ね

あなたも好きかも:パチンコ 一発台 2019
私は外面が良いだけだから」「私なんて、外面も内面も悪いわよ」「そう?」 サトミの愚痴を軽く受け流し、ウイスキーをお湯で割るモトちゃん

 こういう余裕がサトミにはない

「受けも良いけど、説得力でしょ

どうして学校と戦うのかを明確にしないと」「私に要旨をまとめろって」「天才少女でしょ、あなた」「人を乗せるのが上手いわね」 肩をすくめ、お猪口の日本酒をあおるサトミ

 二人ともそれ以上話は進めず、黙々とお酒を飲み出した