パチスロ 釣り

パチスロ 釣り

 彼らは自転車に紙芝居の道具を入れて全国を旅しているのです

 子どもたちを前にして「紙芝居」をするのですが、こちらも「紙芝居」の世界に行ったわけでもないのに「まるでその場にいたかのように」語ります

 このようにそこにいたわけでもないのに「まるでその場にいたかのように」語るから「語り手視点」なのです

あなたも好きかも:スロット 不正基盤
「タイムマシン」は行為が起こった時間にはその場にいなくても「タイムマシン」を使って「その場を見た」ことが明確になっていますよね

 このあたりが「講釈師」「紙芝居屋」との違いですね

 そして現在「三人称視点」といえば一般的にはこの「語り手視点」を指していることが多くなりました

 本来の「三人称視点」は古代中国で王朝の歴史を記してきた史官が代表例です

 君主と部下・謁見者とのやりとりを文字に起こして将来のために保存していく人が史官と呼ばれていました

「三人称視点」として君主と部下・謁見者とのやりとりは残しても史官は基本的に文章へ登場しません

あなたも好きかも:リゼロ スロット 楽しい
 史官が登場するのは法家『管子』に出てくる斉の桓公が自分の記録が読みたいと無理難題をもちかけて管仲に諌められたときと、前漢までの正史『史記』の作者である司馬遷くらいなものです

あなたも好きかも:青森 パチンコ 営業 時間
 このような史官を用いない「三人称視点」として代用可能なのが、現在「語り手視点」が受け入れられている理由ではないでしょうか

いつでも・どこでも「語り手視点」は「いつでも」「どこでも」センサーが出現しますので、基本的に見られない・聞こえない・感じられないものはありません

 ただしそれに溺れていると、あるシーンで別の時間・別の空間のことを交ぜ書きしてしまうおそれがあります

 便利すぎるがゆえの弱点ですね

 別の時間・別の空間のことを書きたければ段落を改めて空行を入れて時間や空間が隔たったことを明示してください

 また「語り手視点」は「三人称視点」の代用ですので群像劇で群雄が相並ぶ場面では用いやすいのです

 しかし主人公へ感情移入しづらいという欠点もそのまま有しています