姫路市 パチンコ どんじゃら

姫路市 パチンコ どんじゃら

「ねぇ、もしさ

私が片腕になっても、私のことを見捨てないでくれる?」「……当たり前じゃないか

あなたも好きかも:パチンコ 外す
この世界でたった二人の兄弟だろ?」「……私、兄さんの妹で、よかった」ミーシャはそう、天井に向かって言うと、気を失うように再び眠りに落ちた

涙が止まらない

もしかして、俺は望んでいない戦功とかとやらと引き換えに何かとても大切なものを失くそうとしているんじゃないか

本当はミーシャと幸せにやっていけるだけで良かったのに、下手に国や戦乱に関わってしまったからもしかして間違った道に入ってしまったんじゃないか

ずっと、そういう考えが頭の中をグルグルと回る

あなたも好きかも:スマホ 壁紙 パチスロ
悩み疲れて眠っていたようだ

あなたも好きかも:中国人 パチンコ
ふと目を上げると、アルデハイトが真っ赤になり唸っているミーシャに何かを粉薬のようなものを飲ませようとしている

「……何してんだ」俺に見つかったアルデハイトは、驚いた表情も見せずに「ああ、起きられましたか

調合していた薬を持ってきました」「薬?」「ええ

我々の使う解毒薬です

 ランツヴァイファーの魔女と呼ばれる方が考案したものでしてね」アルデハイトは話しながら、ミーシャの口を開けて粉薬を入れると器用に鼻をつまんで少量の水を口に入れて飲ませる

ミーシャはゴクリと飲み込むと、今まで苦しんでいたのが嘘の様に静かに眠り始めた

「正直なところ

私はタカユキ様以外はどうでも良いのですが」「そうだろうな」俺も俺の仲間たちもよく知っている