薄桜鬼 パチンコ 設置店

薄桜鬼 パチンコ 設置店

ですから、誰が獣人であってもおかしくないし、誰が獣人の親になってもおかしくない……

あなたも好きかも:スロット イベント
 実を言うと、アヴァロンにはそういった人型の獣人を多く住まわせていました

 彼らは普通に、人として扱われ、人と変わらず生活していました」 あまりの告白に、護衛の方のうち一人がぺたんと、座り込んでしまった

 もう聞きたくないとばかりに耳を塞ぎ、いやいやと頭を振る

「レイシール……ハインとは……学舎からお前が連れていた?」「はい

ハインとはずっと……十五年、共におりましたが……彼を獣人だと意識したことなんて、全くございませんでした

 つまり人と獣人の差異など、その程度なのですよ……」「そ、その程度などと……っ、獣に変じるあれが、その程度だと⁉︎」 耐えかねたように護衛の方のうち一人が、そんな声を上げる

あなたも好きかも:ピグブレイブ スロット
 けれど天幕の外がその獣人だらけなのだ

下手な発言はするなと、残るおひとりが慌てて諌めた

 だが俺は、敢えてその方に「その程度ですよ」と、返事を返す

「異質であれば問題となるなら、世の大半の人は排除の対象になってしまいます」「そうだろうね

私など、言い逃れもできぬほどその対象に合致するだろうし」 人の感情を色で見てしまえるグラヴィスハイド様の発言に、焦る護衛の方

あなたも好きかも:浅草 パチンコ おすすめ
「いえっ、グラヴィスハイド様は違いますっ!」「何がだい? 見た目が人というだけで、お前は安心できてしまうというのかい? ならば、人の形の獣人とはいったいなんなんだろうね」 グラヴィスハイド様の指摘に、護衛の方は言葉を続けられなかった

 だから最後にダメ出ししておく