ほくとむそう パチンコ

ほくとむそう パチンコ

本当にクールな御方だねぇ……」「吸うぞ」「冗談だよ~……本当に冗談が通じないなぁ~」 そんなエマを見てからかうように話したキュリテは、エマの睨みに肩を震わせて返した

 "シバくぞ"などの罵倒なら問題無いのだが、一度血と精気を吸われている為に"吸う"という言葉には恐怖心があるのだろう

あなたも好きかも:飛渡貴之 パチンコ
「ふぅ……

冗談ならその冗談の笑える箇所を教えて欲しいものだな……」 キュリテの態度を見たエマは呆れたように返す

 エマを除けば一番の最年長がキュリテなのだが、如何せんキュリテは子供っぽいところがある

あなたも好きかも:パチンコ メンテナンス 大阪
「アハハ……

あなたも好きかも:ニューオアシス パチスロ
……まあまあ、エマもキュリテも落ち着いて……は、いるけど……取り敢えずライたちの考えを待とうよ」 そんなやり取りを見ていたレイは自然と暗い気持ちが抜け、エマとキュリテを宥《なだ》める

 宥《なだ》めるとはいっても、この二人が荒れている様子じゃないのはレイも理解していた

「そうだな

先ずはライたちを待つか……それか私たちがライたちの部屋へ向かうか……まあ取り敢えず様子を見るか……」「そうだねぇ♪」 レイの言葉を聞いたエマは窓際へ近寄り、曇天の空を見上げてフッと笑う

 キュリテはベッドで横になりながらレイとエマに返す

 此方の三人はライたちの行動を待つ