ゲオ ポイント ゲーム機

ゲオ ポイント ゲーム機

《そなたとともにあれば、もう少し愉快な出来事に巡り会えたかもしれぬと想うと、無念でな》「愉快……ねえ」 セツナは、マウアウの一言を反芻するようにつぶやいた

様々な出来事が脳裏をよぎる

いいことばかりではない

悪いこともある

あなたも好きかも:藤商事 パチンコ 機種
けれども、それは平坦な人生ではないということの証明であり、つまりは女神のいうとおりだということだ

あなたも好きかも:パチンコ 当たりやすい 店
「まあ確かに退屈はしないかもしれないな」「そうでございますね

御主人様と一緒ならば、退屈とは無縁の人生を送れること請け合いでございます

わたくしが保証いたしますわ」 レムが満面の笑みで告げると、マウアウが少しばかり羨ましそうな表情をした

《レムよ

我がそなたの代わりに――》「駄目です」《む……》「いかに女神様といえど、下僕壱号の座は、譲れませぬ」《なれば、我が下僕四号にでもなろうか》「神様が俺の下僕になってどうするんですか」《むう……妙案だと想うたのだが》 マウアウが残念そうに肩を落とすのを見て、セツナは、なんともいえない顔になった

なにが妙案なのだろうか

神様を下僕にする人間などそういるものでもないだろうし、そんな機会など今後あろうはずもないだろうが、だからといってそんな案を受け入れようとは思えなかった

なにより、マウアウの冗談なのは明白だ

あなたも好きかも:パチスロ 勝てない時代
女神は、面白おかしそうに笑っていた

 だから、というわけではないのだが、セツナは、マウアウに向かって宣言した

「また、会いに来ますよ」《ふむ……》「状況が落ち着いて、時間ができたら、の話になりますけど……約束します」《約束

約束か》 マウアウがこちらを見ながらなにやら眩しそうに目を細めた