ベガスデータ

ベガスデータ

「そんなことしてない! ゲームの間は誰とも!」「じゃあなんでこのタイミングで現れたワケよ?」「……それはっ……私にも……」 わからないものはわからない

説明しようがない状況に戸惑って目を泳がせると、勇美は「……ふうん」と顎を上げて目を細めた

あなたも好きかも:一騎当千 パチンコ 曲
「でも、あんたしか考えられないじゃんね? あいつが帰ってくる理由って」「……そ、そんな……」「やっぱりゲームの最中に連絡したわけだ?」 更に疑い掛かって睨む勇美に、優樹は慌てて大きく首を振り、悲痛な表情で彼女に近寄って袖を掴みすがった

「そんなことない! ……それにっ……例えそうだとしても流君はもう奉仕屋じゃないし! 関係ないよ!」「関係ないヤツがなんでいンのよ?」「わかんないけど……! でも私は連絡してない! 全然してない! だから何もしないで! 奉仕屋じゃないんだから!」「うるさいわね!」 必死に見上げすがりつく優樹に勇美は眉を吊り上げると、ドンッ! と容赦なく彼女の体を突き押した

その力に逆らうことが出来ず、足をもつれさせて後ろによろめき倒れた優樹は、その時、側にあった棚に気付かず角に右側の額を打ち付けてしまった

「……あーあ

……ホント、鈍臭いなあ……」 勇美は呆れてため息を吐くと、ペタンと床に座り込んで背中を丸め、額を押さえ啜り泣く優樹の傍に腰を下ろして無表情に覗き込んだ

あなたも好きかも:パチンコ 遠隔 相談
「……奉仕屋じゃないって? そんな風には見えないけど?」「……っ……うっ……」「つまり……あんたはゲームの掟を破ったってコトか」「違う!! 私は何もしてない!!」 額の傷を手で覆う、その隙間から血を滲ませながら、紅潮した悲痛な顔を上げて勇美に首を振る

「もう終わったんでしょ!? 昨日であのゲームは!」「卑怯な事しておいて終わったって?」「卑怯なことなんてしてない!!」 優樹は涙を零し、傷から下ろした手で勇美の服を掴み引っ張った

あなたも好きかも:戦国無双 スロット 中古
「私は何もしてない! ルールは破ってない! ……だから一平君には何もしないで!!」 深い傷から血を流し、それを庇うことなく必死に「お願い!!」と服を引っ張り見上げ泣く優樹に、勇美は間を置いてニヤリと笑った

「……いいよユーキ」 勇美は不敵な笑みを浮かべ、息を詰まらせ泣く優樹の頭をそっと撫でる

「……許してあげる

……あんたはあたしの親友だしね」 そう告げると、首筋にまで伝い流れる一筋の血を指先で拭い取り、それを彼女の震える唇に塗った

「……けど、このままじゃさぁ、あたしとしては納得いかないんだよねぇ……

でしょ? ユーキ……」

何故女の身でありながら、男にされてしまったのか?原因は、出生時にまで遡る———… 12年前、ラサーニュ家に双子が授かった

どちらも玉のような可愛らしい女の子、屋敷中の誰もが誕生を祝福した