ゾロ目の日 パチンコ 東京

ゾロ目の日 パチンコ 東京

「あれですよ

ウインドシールドとかですよ

あなたも好きかも:マザー スロットマシン
 ラー・ヌグマリクと戦った時に使われてたでしょ?」「ああ、緑色の光に当たって、足が折れた気がするな……」「言ってみて

ウインドシールドって」「うん

ウインドシールド」途端に体中が緑色の光で包まれる

「おお……」「生命力固定ほどじゃないけど、多少は防御力があがってるはずよ」「ん、うんんんん……はぁあ……うあ……」近寄ってきたキュウが俺の身体に触れて、苦しそうに踏ん張ってから吐息をかけてくると、何となく体が軽くなった

「ナイス、キュウちゃん

 動体視力や筋力が割り増しになってるわ

 ささ、早く早く」美射が嬉しそうに俺の着物に手をかけてきたのでそれを断わって、しゃがんだ美射にジーッと見られたまま着物を脱ぐ

キュウは真っ赤な顔をして、パンタクローの後ろに隠れてパンタクローは呆れた顔で、水面に動く影を見つめている

「下着はいいだろ」ボクサーパンツのような下着だけである

堪能した」「いやいや、違うから……俺の心配をしてくれ」「とにかく、行ってきてー

あなたも好きかも:百花繚乱 スロット 設定
フレーフレーたーじーまー!!」美射はその場で飛び跳ねながら、応援してきてああ、中学時の野球の試合の、俺の打席の度にスタンド裏からこれをやられたな……

あなたも好きかも:act パチンコ
と忘れていたトラウマが蘇る

しばらく、トラウマを払しょくしようと下着一丁で立ったまま、目を瞑って家族の顔などを思い浮かべているといきなり、「がんばってー!!」思いっきり美射からドロップキックで蹴り飛ばされて「がぼぼぼぼぼ……ぐぼぼぼ……」水の中へと気づいたら沈んでいた

幸い流れ人の力が発現して、すぐに息は苦しくなくなった

底まで十数メートルってところか……結構深い