バイオ ハザード 7 スロット 6 挙動

バイオ ハザード 7 スロット 6 挙動

 龍神王が愛し、我らを受け止めてくれるお方だと本能が告げた

 魔物の本能など比ではないほどに

 そして――その龍の神子の友人が信じてほしいと頼んでいる

「……」 ホワイトは大きく翼を広げると、空高く飛んで行った

「お、おい!」 遅れてノワールも飛び去っていった

あなたも好きかも:鬱病 パチンコ
「な、何なのだ?」「さあ?」 ホワイトは上空からレースの様子を見ている

 今現在もアイシアとエメラルドが独走

あなたも好きかも:香芝 パチンコ 駐車場
後ろには、遅れてレオン達が追いかける展開

「急にどうした? ホワイト」「……ノワール

私達は何なんだろうな」「は?」「私達は魔物だ

だが理性無き魔物ではない

考えることができる魔物だ

だからこそもっと向き合うべきなのだろうか……」 魔物として自分が認める存在、強き存在に従うのは魔物の本能

 だからアイシアに対しては膝(ひざ)を折る

 だがリリアは考えてくれと言った

 本能ではなく自分の考えの元、認めて欲しいと促してきたのだ

 多分、すぐに答えを求めてはいない