カジノ 大小

カジノ 大小

 軽めの『呪術』で焚き火を作り、煮沸した水を飲み、時間をかけて豆を噛み、一心地つく

「ふう……」「んー、美味しくない」「おい、ティアラ

おまえな……」 師匠は気を遣って不満を口には出さなかったが、私は遠慮なく感想として吐き出した

 すぐに苦笑いした師匠に小突かれ、少し軽くなった空気の中で眠る準備を進める

あなたも好きかも:エメラルド スロット ピカチュウ
「それじゃあ、いつも通り交互に浅く眠ろうか」「はいよー

今日は、私から火の晩だね」「……ああ、その前に

夜に纏めてたやつを渡しておくよ

起きてる間、試しておいて」 そう言って、師匠は自分の麻袋から、ごつごつとした装丁の本を一冊取り出した

あなたも好きかも:大和郡山市 ぱちんこ
フーズヤーズの城から持ち出した高価で丈夫な『白紙の束』だったものだ

 それを受け取り、中身を見る

 そこには見たことのない文字がびっしりと書き込まれていた

あなたも好きかも:鬼武 者 3 スロット 時空
それは師匠の世界の日本語ではない

どちらかと言えば、こちらの言葉に近い

妙に形は崩れているが、強引に読めなくはない気がする――不思議な文字だ