スロット バジリスク 3 天井

スロット バジリスク 3 天井

 そんなこと絶対に……!」「でも、お前は俺を選んでくれたじゃないか!」 なりふり構ってはいられなかった

イスラは、カナンが振り上げていた剣の刀身を素手で握り締めた

 左手に焼けるような痛みが走る

あなたも好きかも:長門市 パチンコ おすすめ
だが彼にとっては些細なことだった

このまま指が落ちても良いとさえ思っていた

 カナンも動けなかった

あなたも好きかも:パチンコ 火曜サスペンス 出演者
本人が良いと思っていても、カナンには彼の指を切り落とすだけのことは出来なかった

 握り締められた指の間から血が垂れて、焼け焦げた石畳の上にぽつぽつと斑点を作る

彼の手から滲んだ血が、カナンの頑なな感情を融解せしめた

 柄に掛かっていた指が離れると同時にイスラも刀身を手放した

無粋な金属音が響き渡った

「本当は分かってますよ、こんな所に来たかったんじゃない……こんなことをしたくもなかった……でも……でも、じゃあ私、どうしたら……!!」 カナンの肩が震えていた

「俺は、それをお前と一緒に考えたかったよ」 抱き締めたままの彼女の口元から、嗚咽を漏らす音が聞こえた

「皆の所に帰ろう

話はお前が落ち着いてからゆっくり聞かせてくれ

俺たちは……もっともっと話し合わなきゃいけない

お前だってそう思うだろ?」 カナンはしばらく俯いたままだったが、やがてこくりと小さく頷いた