小説 ネタ スロット

小説 ネタ スロット

「明日は午後からベンノ様が馬車を差し向けるので、レストランの方へ来てほしいとおっしゃっているの

従者としてフランとロジーナが同行してくださる?」「かしこまりました」 フランとロジーナが頷いた

「それから、フーゴにも厨房を見てもらいたいそうですわ

明日はフーゴをお休みさせて、ギルベルタ商会に向かうように伝えてちょうだい

あなたも好きかも:松原 パチンコ バイト
……新しく入った料理人は大丈夫かしら?」「エラがいれば、問題なく進められると思われます」 フランを通して、フーゴ達にも通達してもらった

あなたも好きかも:パチスロ ポコ 美
新しい料理人は不安そうだが、もともとフーゴだってエラと二人でずっと料理してきたのだから、何とかなるはずだ

 次の日、昼食を終えた後、フランとロジーナには外出着に着替えてもらって、わたしもデリアに手伝ってもらいながら青い衣を脱いで、袖口の長い貴族っぽいブラウスに着替えた

現場に行くとフーゴがいるので、お貴族様な装いと立ち居振る舞いが必要なのだ

あなたも好きかも:パチスロ アベンジャーズ 評価
「あたしも行きたかったですわ

もー! あたしばかりお留守番ではないですか」「ごめんなさいね、デリア

今回はロジーナの意見が欲しいのです」 恨みがましい目で見ながら、支度を手伝ってくれたデリアにそう言っておく

さすがに、どれだけ神殿長に伝わるかわからないので、デリアは連れていけない

 それに、お留守番ばかりになるのはデリアが孤児院に行きたがらないし、森に行くより自分磨きがしたいと言ったデリアの意見を汲んだ結果なのだが、そういうことは都合よく忘れているらしい

「いつもお留守番をして、部屋を整えてくれるデリアにご褒美が必要かしらね?」 デリアにはそう言い置いて、わたしとフランとロジーナはベンノが差し向けてくれた馬車に乗り込んだ

 フランはいつもの茶色の服で、ロジーナはモスグリーンのワンピースに幾何学模様の刺繍が入った深緑のボディスをつけている

ふわふわとした栗色の髪とよく合って、どこから見ても深窓の御令嬢である