スロット ピングドラム ブログ

スロット ピングドラム ブログ

其方達が話し疲れて喉を潤す時のためにとっておけ

あなたも好きかも:グラブル 隠しアイテム カジノ
さあ、面白おかしく余に語るが良い

安心せい、これで其方達の処遇を決めようなどとは思っておらん

つまらぬと思えば部屋を出て行くまで、公私の分別はつける」「は、はあ…………み、ミラ……」 どうしようか、ではない

どう話そうか、だ

王様自ら出向いて話してくれと言っている時点で、僕らにとってそれを秘匿するなんて選択肢は有り得無い

隠したい話であるならば沈黙もあったが、しかし一度は口にしたことだ

それでも相手はのほほんとしたマーリンさんではない

あなたも好きかも:パチンコ エスパス
語り口一つにも特に気を払わないといけない

助けを求めたわけじゃなかったけど、結果としてはそうなってしまった

ミラは腹を括って、青い顔のまま王様の前に姿勢を正した

あなたも好きかも:スロット ランボー
「……私達は元々、勇者になる為に旅を始めたわけではありませんでした

蛇の魔女……ガラガダに巣を張った危険な魔獣の頭目を討伐した折に救出して頂いた縁で、星見の巫女様の近衛隊に王都へ来るようにと命令を受けたのが発端です

かねてより私は街の外に興味がありました

それまでは本当に、街から一歩として出たことがありませんでしたから

ガラガダを初めて訪れた興奮、そして渡りに船と言わんばかりの命令

仮設ではない、本物の市長として街の助けになれる様に、私は漠然と王都を目指す旅を始めました」 さっきより詳しく、そして丁寧に

ミラはこの旅の発端から話を始めた

王様はそれに茶々を入れるでもなく、また退屈そうにあくびをするでもなく