ユーロ キックオフ

ユーロ キックオフ

「まず、お前は何者だ? 名前から聞こうか」「えーっと…………私は猫系の獣人で、リリファです」「まあ、猫なのは見た目でわかる……一応わかる」 猫耳なのでわかると言えばわかるが、獣の耳を厳密に区別する能力は公也は低く、また猫科の別の動物の獣人である可能性もある

猫と言っても広い

「それでなぜここアンデルク山に?」「えっと、その、お仕事……です」「その仕事とは?」「……………………言えない、ではだめですか?」「なんで言えないか次第だな」 ただ言えない、と言われるだけでは公也としては問い詰めない理由がない

自分たちにとって危険、危害を加えてくる存在である、そうフズ、警戒烏が鳴き声で伝えてきた以上彼女は何かをここでする目的できたということ

あなたも好きかも:スロット 専業 ニート
それは公也たちにとっては危ない何かであるということ

あなたも好きかも:アイランド スロット イベント
当然この山に仕事できたというのならばその仕事が関係しているし、その職種が問題であるわけである

「ううー…………これ、本当は言ってはいけないことなんです

だからぜーったいに秘密にして下さいねー?」「…………まあ、秘密にするのは別にかまわないが……」「私暗殺者なんです」「ああ、なるほど……」 暗殺者、その一言で納得のいくものである

それは当然話すことができないだろう

暗殺者はそもそもまともな職種と言えるものではなく、その内容は後ろ暗いものである

やることが暗殺、人殺しなわけだ

あなたも好きかも:エイリアンレボリューション スロット
当然その内容は人に言えるようなことではない

公也に対し仕事についての内容を黙っていたのも当然だろう