ソフィー スロット

ソフィー スロット

俺と同等くらい……横幅は二倍ほどはありそうだ

首など肉で埋まってしまい無いに等しい

その男の身を包む純白の法衣は金糸で刺繍が施された豪奢なものだった

あなたも好きかも:パチスロ 機種 一覧
 足元に視線が及ばないのか、女性の手を踏みつけそうな位置をよたよたと歩き、進んでくるものだから、俺はつい咄嗟に「危ない!」と、叫んでしまった

あれだけの体重がかかれば、骨くらい簡単に折れてしまう気がしたのだ

あなたも好きかも:競馬 パチンコ 期待値
 その声でびっくりしたのか、巨体の男が足を止める

 まだ寒い季節にもかかわらず、額には玉の汗が浮かび、息遣いも荒い……さもありなん

それだけの巨体を運ぶのは重労働だろう

あなたも好きかも:パチスロ せいくりっど
「何奴、ここは関係者以外立ち入り禁止ぞ!」 こちらの服装を確認してから言ってもらいたいな……

 と、いうか……俺たちがここにいることを知らなかった風な反応だ……

もしかしてあの神官、俺たちのことを伝えていないのか? そう思った矢先、その巨体の男を迂回するように飛び出してきた神官が、ギクリと動きを止めた

先程の奴だ……

「申し訳ございません