バカラ ビールグラス

バカラ ビールグラス

 基本的にフィクションの魔族は争いを好んでいたり悪魔と同義で扱われたりしているが、魔族が味方側だったりという事もある

 ドミネの言動はまさにその中立に位置しているな

何なら、最初に会った時からコレクションにしようとはしていたが殺そうとはしていなかった

コレクションにするから殺さないってのも建前に思える

本当の殺意を向けたのは最初の戦いのトドメの時とついさっき、情緒が不安定だった時くらいだ

「……これを食らってもそう思えるのかしら!?」 言葉を返さず、ドミネは再び衝撃波を放った

あなたも好きかも:柏 パチンコ グランドオープン
今度も手加減などしていない

あなたも好きかも:パチスロ 沖 ドキ 25
 殺すつもりの衝撃波なのだろうが、自棄になって放っているだけに思えるな

あなたも好きかも:スロット アナザーゴッド
狙い自体が定められていないや

「これを見てもって言われてもな

さっきからずっと見ていたような技だ

今更これくらいじゃ俺達の気は変わらないさ」「本当に……生意気な子!」 踏み込み、俺が反応出来ない程の速度で加速

Lv1000の速度

反応出来ないのは当然だな

 その瞬間に俺の腹部にドミネの拳が突き刺さり、衝撃波を放出

そのまま俺は地面を擦りながら先程の場所から離れた

「それで、これがアンタの思う非道な事か?」「……っ」 正直、凄く痛い