札幌 スロット 天気

札幌 スロット 天気

銀色の甲冑に身を包んだ騎士が似合いそうな室内だが、ここにいるのは漆黒の制服に身を包んだテンプル騎士団のメンバーと、部屋の中央に置かれている古びた円形の大きなテーブルだけである

 まるで、アーサー王伝説に登場する円卓だ

テンプル騎士団と円卓の騎士か………

 そんな事を考えながら、室内に銃口を向けつつ索敵する

あなたも好きかも:蒲生四丁目 パチンコ バイト
円卓の下や反対側に魔物が潜んでいたり、擬態している可能性がある

特に擬態するタイプの魔物はラウラでも察知することはできないため、注意しなければならない

「………何もいないな」「何なんだろう、ここ………」 ただ中央に円卓が置かれただけの広間である

あなたも好きかも:ルパン 三世 消 され た ルパン スロット
装飾は全くないし、かつてここにいた筈の者たちが遺した形跡も全く見当たらない

窓から入り込んだ砂が円卓や床に堆積し、チョコレートを思わせる茶色いレンガの床に黄土色の模様を描いているだけだ

 中世のヨーロッパの城からあらゆる装飾を取り除けば、こんな光景になるのではないだろうか

『こちらケーター

おい、タクヤ

聞こえるか?』「ああ、聞こえる」『お前ら、地下も見たのか?』「えっ?」 何だって? 地下? 目を細めながら仲間たちと目を合わせると、みんなも同じように目を細めた

 ちょっと待て、地下があったのか? 俺たちが調査したのは1階から最上階までだから、地下は見ていない

隠し通路でもあったんだろうか?「いや、見ていない