スロット 化 物語 解析

スロット 化 物語 解析

「騒ぎ過ぎよね

いくら優樹の家だからって、メイドさんたちもいるんだからちょっとは遠慮しなさいってーの」「いいじゃん、……楽しい夜だしな」 笑顔で庇いながらも視線を落とす、そんな洋一に気付いた生美は、凍えそうな空気に腕を抱いて撫でながら、彼に目を戻してキョトンとした

「……なんか……、変」「……ん? そぉか?」「へん」「ふっふーん」 洋一はとぼけて笑い、柵に向き直ると再び腕を乗せ、表情を消して遠くを見つめた

「……、どんな感じだと思う?」「何が?」「……好きなのにさ、好きだって言えない状況って……」「……

あなたも好きかも:パチスロ 大ガメラ
さぁ」 生美は夜空を見上げて、白い息で手のひらを温めながら首を傾げた

あなたも好きかも:スロット 祭 サミー
「そういうの、わかんないわ

体験したことないし、したくもないし」「だよな

……オレにもわかンね

あなたも好きかも:パチンコ ボケ る
……けど、……辛いんだろうなぁ……

凄く……」 まるで独り言のような呟き声に、生美は、丸くなっている背中に目を戻した

「……何よ? 何かあったの?」 いつもと雰囲気が違う、そのことを心配して問い掛けたが、洋一は鼻から深く息を吐くと、首を振って笑った

「いーやっ