パチンコ 豆知識

パチンコ 豆知識

 将来アニメ化されるときが来れば、脚本さんが「誇張」を二次元レベルまで落としてくれるので、小説の段階ではできるかぎり「誇張」して書きましょう

五感と直感を書く ネタをたくさん集めたから順番で書けばきちんと読み手に伝わる、とは思わないでください

 読み手は「予備知識ゼロ」であなたの小説を読むのです

 その「予備知識ゼロ」の人に向けて文章を構成する必要があります

予備知識ゼロの人に向けて あなたの小説の読み手は、あなたの小説を「予備知識ゼロ」で読みます

あなたも好きかも:スロット 赤城
そのときどうやって物語を綴ればいいのでしょうか

あなたも好きかも:akb パチンコ 誇りの丘 裏ボタン
「赤の他人に物語世界で行なわれている出来事を、まるでその人が体感したかのように詳しく丁寧に書く」ことです

あなたも好きかも:パチンコ 注意書き
 ではどのくらい丁寧に書けばよいのでしょうか

ある小説賞の応募要項に「十二万字以内」と書かれていてもそれを遥かに超えるくらい詳しく丁寧に書きましょう

書きすぎてしまったぶんは推敲の段階で削ぎ落としていくので今は気にしません

わかりやすく伝わるには「赤の他人」で「予備知識ゼロ」の人に向けて書くにはどうすればいいのでしょうか

「五感」と「直感」を織り交ぜて、読み手の「五感」と「直感」に働きかけるようにします

つまり「耳で聞いた音声(聴覚)」「目で見た形状や色彩(視覚)」はもちろんのこと「鼻で嗅いだにおい(嗅覚)」「舌で感じた味(味覚)」「肌で感じた体感(触覚)」と「直感」に訴えるということです

聴覚と視覚 基本的に小説は「聴覚」が重視されてしまいます

つまり「誰かが話した声」「何かが発した音」については詳しく書ける人がほとんどなのです

 それなりに小説が書ける方は「会話文」やカンカン、キンキン、ゴーゴーなどのオノマトペは自然に書けると思います

 文芸小説やエンターテインメント小説(大衆小説)などではゴーゴーという音なら「轟く」、カンカンなら「金属の乾いた軽く打ち当たる音が鳴る」のようにオノマトペを書かずに動詞として地の文に組み入れることがほとんどです

 ですがライトノベルではとりわけ「聴覚」を重視した書き方がなされています