バカラ ロックグラス ペア

バカラ ロックグラス ペア

 ウルクナクト号は、既に中央ヴァシュタリア大陸を離れ、大陸間に横たわる大海原、その上空を渡っていた

あなたも好きかも:747 パチンコ 牛久
「ラングウィン様がセツナを呼んだのは、セツナを害するためじゃないわよ」「そりゃあユフィーリアのことは信じられるけど」 セツナの左隣で訝しげな顔をしたのは、ミリュウだ

その隣では、エリナが窓を覗き込んでいる

見渡す限りの大海原には、これといった変化は見受けられない

しかし、エリナはどこか楽しそうだ

海を見るのが好きなのかもしれない

と、セツナの視界にミリュウの顔が入り込んでくる

彼女は、ファリアを見ていた

あなたも好きかも:メガガイア 調布 パチンコ タワー
ファリアは、セツナの右隣という定位置に座っている

「ラングウィンの本心は不明のままじゃない」「それは……そうだけど」「本心では、俺を殺そうとしているかもしれないって?」「別にそこまでは考えてないけどさ……でもでも、セツナに用事があるっていうのならさ、ユフィーリアに伝えておいてもよくない? って想ったのよね」「ま、ラングウィンにはラングウィンの考えがあるんだろうし、俺は俺を助けてくれたラムレシアを信じるさ

ファリアの親友だしな」「セツナ……」「むー……あたしは心配してるだけなのに……」「心配はありがたいがな」 セツナは、心からいった

ミリュウだけではない

だれもが自分のことを心配し、案じてくれている

それも自分が頼りないからではない

セツナが強いことは知っていて、それでも不安を覚えざるを得ないのが現状なのだ

「案ずるより産むが易しっていうだろ

ろくな情報もないまま考え込んだって、いいことなんてないさ」「そうかもしんないけどさ

なんだか不安なのよ」「もし万が一、そんなことがあったとして、俺が負けると想うか?」「むー……そういわれると、返す言葉もないじゃない」「そうだな、セツナが負けることなんてねえよな」 シーラが力強くうなずいた