コナミスロットマシン

コナミスロットマシン

 正確には、『陽滝とティアラの魔石』の絶対的な力による安心感

あなたも好きかも:ドラゴン伝説 ぱちんこ
 ただ、それを僕から奪うのは不可能と判断して、全力で庇護を求める方向に転換しているわけだ

 つまり、クウネルは唯一人で『元老院』として成立し、『異世界』の国々を実質的に支配しながら……、まだ恐れている

いま、目の前にいる最後の『理を盗むもの』を

 ――早く安心させてあげよう

 大丈夫(・・・)

 そのために、ディア・マリア・スノウ・リーパーのみんなよりも先に、僕はクウネルと『元の世界』に訪れている

電車の音が響く

 あの記憶と同じく、ガタンゴトンと揺りかごのように規則正しく、軋む

 都市部とは逆方向に、その電車は向かっていた

あなたも好きかも:5ch パチンコ店
 携帯電話(スマートフォン)で検索して見つけたショッピングモールは、郊外の沿岸部近くに展開されている

あなたも好きかも:シンフォギア パチンコ やめ時
地方ならではの需要に対応する為か、土地の値段との兼ね合いか……、何にせよ、その立地は僕たちにとって都合が良かった

 ファミリーレストランで食事をしたあと、駅まで歩いて移動して、丁度よくやってきた電車に僕たちは乗り込んだ

タクシーを使わず、あえて電車を利用したのは、陽滝との思い出をクウネルと共有したかったからだ

 記憶の男児と同じように、外の綺麗な景色を見ようとクウネルは窓に張り付いて、感嘆の声を漏らす

「ひょ、ひょええー……」 高速で流れていく海沿いの街と青い空を、クウネルは子供のように眺めていた

 ついさっき、冷たい『話し合い』があったけれど、結局どちらの地雷も踏まれることはなかったので、僕たちはいつも通りに戻っていた

 むしろ、あの『話し合い』のおかげで、互いの本音を理解し合えて、『元の世界』での行動指針が綺麗に決まった