別府市 パチンコ屋

別府市 パチンコ屋

もったいない精神で公也は呪物であった王冠を捨てられない

なので公也は異空間の方にしまっておくことにした

 そうして公也にかかっていた呪いの騒動は大本を断つことで収束した

その周囲で一部の強者に広まっていた弱化による死亡、呪いそのもので死ぬよりも冒険者として活動している途中で死ぬ可能性が高いゆえにいろいろと広まっていたジンクスがあったのだが、それもなくなりそのうちそれなりに周囲に人が集まるようになっていくだろう

そしてこれ以降呪いの被害もないので将来的な被害者を救ったものでもあったが……まあ、公也たちにとってそれは別に重要でもないどうでもいいこと

特になったならそれはそれでよかっただろう、と思うくらいである

救ったことを喧伝するわけでもないのでそんなものだろう

あなたも好きかも:パチンコ 北斗 覇者
「特殊能力っていったい何なんだろうな」「………………唐突に一体何を言ってるの、キミヤ君?」「いや

純粋に疑問に思っただけだ」「自分で使っているのに何を言っているんだ、という気持ちはなくはないね

でもそれを言うと僕らも魔法を使えるのがなぜか、という疑問もわいてくる」「特殊能力と魔法の違いとかもわからないしね……そういう点ではキミヤ君の疑問ももっともなのかしら?」 本当にいきなり、なぜか突然不可思議なことを言い出す公也

まあいろいろとやっていたり考えていたりする時にふと、これは何なんだろうという疑問が思い浮かぶことはあるのだろう

あなたも好きかも:叛逆の物語 スロット 天井
そしてそれは今回特殊能力、公也も<暴食>という形で持っているそれに関してだ