バイオ7 スロット レビュー

バイオ7 スロット レビュー

美射はクラーゴンをチラッと振り向いて「……彼は操られている痕跡はない

 但馬達も大丈夫ね?」そう言いながら美射は倒れている魔族の身体をしゃがんで調べ始める

「ああ、そうだと思う」ハルは俺にしがみついたまままだ震えている

こちらを再び見た美射は、少し苛立った顔で「ハル

ママの子ならしっかりしなさい

あなたも好きかも:パチンコ アロー cm
 但馬家の娘になったということは……」それをすぐに横から遮って「助けに来てくれて感謝しているが、うちの娘に説教はやめてくれ」「でも……この状態じゃ……役に……」震えているハルを強く右腕で抱きながら「それよりも、この先に何があるのか

あなたも好きかも:パチンコ 機種 pop
 あと、ここから直ちに脱出が可能かどうか教えてくれ」美射は不満そうな顔で「脱出は、全員を一階まで空間移動をさせれば可能よ

 けれど、因果律を読んだ限り、虚無の王の狙いもそれね

あなたも好きかも:相川七瀬 パチンコ台
 私に無駄なエネルギーを使わせて、今後の計画を ぐちゃぐちゃにするつもりみたい」つまり美射も、どうするか迷っているということである

「分かった

この先には何があるんだ?」美射は少し考えてから「実にロクでもないものよ」かなり嫌そうに答える

俺に嫌そうな顔をして、言葉を履いた直後に美射はいきなりエレベーターの天井を見上げて「ああ……それも狙いだったか」「ど、どういうことだ?」「その気絶してる魔族を引きずって、ここから出るわよ

 すぐに"上"から来るわ」首を傾げながら、ハルを右腕に抱きかかえて気絶している男性魔族を左腕に抱え俺は真黒な外へと出る

ライトを照らしながら戻ってきたクラーゴンが「巨大な金属の通路みたいね」そう言いながら、近寄ってくる

「ああ、どうしようか美射と話し合っていた所……」と言った瞬間に、背後のエレベーターがギィイイイイイイイイメキメキメキメキ!!と嫌な音を立ててぐしゃっと潰れ、エレベーター内部から外のこちらに射していた照明が無くなり完全に周囲が真黒になる

娘を抱きしめながら、慌てていると美射のため息が聞こえると同時にいきなり辺りが昼間のように照らされた

確かに青い金属で造られた巨大な通路のようである