まどかa スロット

まどかa スロット

 考助も、冒険者コウとしては、それなりに名が知られているので、クラウンの冒険者ギルドに入ればそれなりに注目を浴びることになる

 今回は、お面によってそれらの注目がなくなることを試しに来たのがメインの目的なのだ

 結果として実験は大成功だった

あなたも好きかも:まぁ さ スロット
 考助たちは、一度だけ冒険者たちから注目を集めたものの、それはいつもの冒険者たちの習性で無視していい

 問題はその後のことだったが、まったくといっていいほど注目されることはなかった

 考助の傍をテクテク歩いているナナも、今は普通の犬と変わらない大きさになっているので、さほど気にされることはなかった

 結局考助たちは、無事に(?)掲示板から一つの依頼を選んで、それをカウンターで受けつけてもらうことに成功したのである

あなたも好きかも:等価 パチンコ店
 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ 十分すぎるほどの結果を得た考助たちは、そのまま管理層に戻るでもなく、街の外に出て探索をしていた

 折角依頼を受けたので、真面目にその処理をしようと考えたのだ

 その途中で、考助は意外なというか、盲点になっていたお面の弱点を発見した

「これはちょっと失敗だったかな」「そんなことはないですよ~

あなたも好きかも:てつ パチンコ店
ちょっと訓練すれば、これくらいは大したことないです」 ピーチはそんなことを言ってきたが、考助としては見過ごせない失敗だ

 その失敗が何かといえば――――

お面を作って置いて、人体の発汗機能を忘れるのは、どう考えても駄目過ぎ」 考助はそう言いながらお面を外して額から垂れてきた汗をぬぐった

 普段はどうという事のない距離を歩いて来たのだが、お面を着けていることによって、いつもよりも汗が早く出てきたのだ