ディバゲ カジノ 超絶 貫通

ディバゲ カジノ 超絶 貫通

 そうである以上、ナーレスとしては、死神壱号によるセツナ襲撃事件はなかったことにするつもりだった

この事件を公にすれば、ガンディアはなんらかの対応に迫られることになる

そんなことをして、ジベルを刺激したくはなかった

あなたも好きかも:スターオーシャン パチンコ 設置店
いま、ナーレスがしなければならないのは、ジベルとの戦争ではない

 しかし、事件に関する情報を外部に漏らさないよう《獅子の尾》隊員を説得するのに骨が折れるのは、さすがの彼も予想外だった

あなたも好きかも:オッズが高い
隊長補佐のファリア=アスラリアと隊士のミリュウ=リバイエンが、ナーレスの説明に対しても非協力的だったのだ

セツナと死神壱号の間でなにかがあったようらしく、そのことでふたりは不愉快らしかった

もっとも、最終的には納得してくれており、ナーレスも安堵していた

「なんにしても、セツナ様が無事で良かった

セツナ様にもしものことがあれば、ガンディアはジベルに報復しなければならなくなる

そうなれば戦争に発展するのは必定」「ジベルくらい、相手にもならないでしょ」 ミリュウの言葉には、多分に毒気が含まれていた

余程、死神壱号とやらが気に食わないらしい

あとで死神壱号がセツナになにをしたのか、聞き出す必要がありそうだった

あなたも好きかも:豊丸産業 パチンコ 一般電役
「なんたって、ザルワーンを倒したんだから」 続く彼女の発言は、言い訳のようにも聞こえた

もちろん、それも本心ではあるのだろう

ザルワーンの支配階級に生まれた彼女にとっては、やはり大国ザルワーンを倒したガンディアがジベルとの戦いに苦慮するなど、信じたくはないはずだ