ヤマト2199 パチンコ 反撃

ヤマト2199 パチンコ 反撃

 "これでは、不完全""神という扱いでよいのか?""まだ、何か、魔術の道具が必要?""契約する相手に、意思があるなら、魔術の道具はなくても可能の可能性アリ"でも、執事には丁度よく思えた

自分は"もうこの世界から、居なくなっても大丈夫"という事は、判っていた」ここからは、賢者ピーンが散らかすように、血の契約に刻まれた研究記録と、アプリコットの流し読んだ記録を拾い読み、ネェツアークは紡ぎ合わせて続ける

「ピーン・ビネガーを見送った後、バンとアプリコットという、この領主の領主を継いだ2人は、家に尽くしてくれる執事に、感謝しながらも気にかけていた

そして、執事もそれは同じだった

相変わらず、決定的な主の死の受け入れは出来ていなかったけれどもね」 旦那様を見かけなくなった、屋敷の中で執事として仕事をこなしながら、考える

あなたも好きかも:ミリオンアーサー スロット
折角、バンやアプリコットが、ピーンまでとはいかないが、仕事は立派に引き継いでくれているのに、邪魔をされているのでは、これでは、旦那様が安心できない

どうにかして、ピーン・ビネガーが治めるロブロウに仇なす存在が、公明正大に、この領地から、この世界から消えてくれる方法はないだろうか

もうこの土地に関わって、欲しくはない

あの4人の様な存在が、この場所に出ないためには、どうしたら、良いのだろう

あなたも好きかも:2020 スロット 撤去
「とりあえずは、どんな形でも、良いから、消えて欲しい」「ゲコ?!」《ちょっと、待ってよ、何だか回りくどい言い方をしているけれどさ、それじゃ、ベルゼブブの器になった人が、秘術に自分の身を捧げて"願った"事って?!》「"死んで欲しい"ということではなくて、"消えて欲しい"ただそれだけだったと、私は思うんだけれどね

そして求めていたのも、それが出来る能(ちから)だったんだよ」ネェツアークはそんなことを言いながら、ルイの脈を取り始める

時間の流れが"あて"にする事が出来ないので、自分の血の流れを、少年のものと比べるのを集中する為、鳶色の眼を細目ながら、具合をみる

「血の流れ具合も、私はリコさんじゃないから正確には判らないけれど、前の読んだ医学書の少年時の物と同じくらいだから、大丈夫だろう

後は、薄くて良いから意識が戻るのを待つだけだね

で、お前もこの世界の人の世界というか、四大元素の考え方なんだろうか、"消して"しまうという事イコール"殺してしまう"って考えてたみたいだな

"結果的"にはそうなっているんだけどさ

正確な言葉で言うのなら"自滅"って、言葉一番当てはまる」執事は自分の身を、秘術で捧げて、叡智と荘厳に溢れていた、嘗て神とまでなっていた存在に力を借りた

それはあくまでも主で賢者である、旦那様ピーン・ビネガーが、家族という柵(しがらみ)で考えを縛られずに、仇なす者を消してしまえる"叡知"という力