ホール パチンコ

ホール パチンコ

「村長」「…………」「おまえさんは覚悟を決めた、と言ったな」「はい」「そりゃ、シルカに嫌われるのが恐ろしかったから必要とされたんだろう?」「…………はい」 タガネは苦笑する

「軽率だったな」「な、何が」「村長がシルカの手で消えれば、いよいよ居場所は無くなる

おまえさんを殺した罪を問われて処刑、過去の焼き直しだ」「…………!」 少年は口を手で覆う

 たしかに失念していた

あなたも好きかも:パチスロ 目 押し なし
 予測できたはずである、これではシルカが危険に晒されるだけだ

「おまえさんが罪悪感から逃れたかっただけだろ」「……はい」「そりゃ、おまえさんの勝手だ

俺がどうこう言う筋合はねえ」「…………」「だが」 銀の瞳が眇められた

「これからどうするか」「え?」「それもまた、おまえさん次第だ」 タガネの手が下から伸ばされた

 村長は呆然と見つめる

あなたも好きかも:チップ カジノ 通販
 彼は真剣そのものの表情だった

あなたも好きかも:ジェーピー パチンコ
「シルカを救う」「あ」「それとも、ここで楽になる」「…………!」「ここで袂を分かつか縋るか」 少年はここではっとする

 まさか

 まだ、他に術があるのか

 罪を償いながら、それでもシルカを守り続けはれる

「おまえさんが決めろ」 タガネの口から、選択が迫られた

レオンガンドたちがアバード王都バンドールに到着したのは、十一月十八日のことだった

 ガンディオンを出発してからバンドールに到着するまで、特に大きな問題も発生せず、事件や事故に巻き込まれることもなかった

 マイラムからナグラシアの道中で皇魔の集団と遭遇したものの、《獅子の尾》の活躍によって損害はでないまま、皇魔の撃退に成功している