ドラクエ11 スロット bgm

ドラクエ11 スロット bgm

じゃあやっぱりヤってく?」 そう言った二人にサヤは、傷付いたみたいに眉を下げた

 じり……と、足が後方に下がる……

あなたも好きかも:花火 スロット ヤフオク
「ほらっ、行こう?」「どっちが良い? どっちともでも良いけどっ!」「うんっ良いよ!」 弾んだ女性の声に、後ろを向きかけていたサヤが拳を握る

 やばい

違うんだと、言わなければ

これは別に、俺の意思ではなく……っ

「もしかしなくても初めてだよねぇ? 何から試したい? なんでも教えたげ……」「ひ、必要無いです!」 半ば叫ぶようなサヤの声がし、右腕を掴まれた

 いつの間にかすぐ近くに来ていたサヤに

 そのまま強引に引かれると、あっけないほど簡単にするりと外れた女性らの腕

「必要、無いです……っ!」 もう一度そう言ったサヤは、そのまま俺の腕を掴んでズンズンと、皆の集まる大天幕ではなく……別の方向に向かい、歩き出した

 引っ張られるがまま、俺もそれに続くしかない

あなたも好きかも:グラブル カジノ 確率
振り返って後方を見ると、ヒラヒラと笑顔で手を振る女性二人…………

「サヤ⁉︎」 呼び掛けたけれど、ギチリとより強い力で腕を掴まれただけ

 サヤは振り返らず、言葉も発さず、ただ足を進めた

「サヤっ、いや、な、なんにも別に、してない……だ、大丈夫だから……」「…………」「ごめんっ

不快にしたと思う

もっとハッキリ、拒絶すればよかったのに俺……」「………………」 サヤは、耳が良い……

 どこからを聞いていた? それが分からず、気持ちが焦る

そしてそれ以上に、目の前のサヤに対するいかがわしい感情が抑えられない自分に焦る