ブラックジャック 無料マンガ

ブラックジャック 無料マンガ

根拠などないような理由だが、文はその理由に絶対の自信を持っていた

四人と告げ、方角を康太に教えた後、康太はその四人の方角を強く警戒したのだ

まるでそれが自分たちの敵であるとすでに理解しているかのように

横でこのやり取りを聞いていた倉敷からすれば、警戒するのは当たり前のように思えるかもしれないが、康太はその方角からきている魔術師に強い警戒を払った

あなたも好きかも:栃木 スロット 換金率
その理由はひとえに康太の勘としか言いようがない

そう、それこそが文が援軍であると判断した理由なのだ

康太の勘は徐々にではあるが鋭くなっている

あなたも好きかも:スロット 今 熱い 台
小百合ほどではないにせよ、独特の感性を磨きその判断に十分に影響を及ぼすようになっている

康太の何となくの考えが見事に的中するということも多くなっている

文は康太の勘だからこそ信じるつもりになったのである

九対三の状態でも善戦、それどころか短時間でその戦力の六割以上を削り取った康太たちを相手に同数で魔術師たちが勝てるはずもなかった

相手も必死に連携してこちらに勝つ戦いではなく、時間稼ぎをするための戦い方に移行していたが、完全に攻撃態勢に入った康太たちの攻撃を防ぎきることも避けることもできずに一人、また一人と倒されて行ってしまう

あなたも好きかも:家康 スロット シナリオ
完全に戦力不足、だが連携と展開の早さは目を見張るものがある

「ビー、こいつらが本部の連中にちょっかい出した連中だと思う?」最後まで抵抗を続けていた魔術師を気絶させた段階で、文は周囲に倒れ伏したままの魔術師たちを一瞥しながら康太に意見を求めた