江古田 パチスロ

江古田 パチスロ

「は、はい

ごめんなさい」「謝るのを癖にするのはやめた方がいい

自信が無くなるよ」「はい! ごめんなさい……」 かなり根暗な性格のようだ

「飲みもんテキトーに出すぞ」「あいよ」 大介は隆成の自宅冷蔵庫を開けて、炭酸ジュースを取り出して、今度はコップに注いだ

「だ、大介君! リリアさん、炭酸飲んだことないんじゃ……」「あっ! 悪りぃ……」「タンサン?」「いや、これも経験でしょ? 一回飲ませてみよ」 というよりは面白そうとニカリと笑った隆成

 リリアはコップの中の大量の気泡をジーッと眺めている

「こ、これがタンサン?」「炭酸な

さっきの水と同じ、飲み物だよ」「飲み物!?」 不思議な物があるんだなと、改めて真剣に見ているので、飲み物である証拠を見せる

あなたも好きかも:パチンコ 先
 隆成はリリアが眺めていたコップを手に取ると、それを目で追うように顔を上げた

 まるで猫が動くものに反応したかのうように

 ごくっごくっと喉を軽く鳴らしながら、一気に飲み干した

「っぷは」 再びリリアの前に空のコップを置かれるが、飲ませるために別に注がれてるコップを手招いて勧められる