偽物語 スロット 実践

偽物語 スロット 実践

あなた自身の力よ

周りがどんなにカバーしてくれたって、最終的に生きる気力を出すのは自分なんだから

あなたの生きたいっていう力が、あなたをそこまで元気にさせたんだと思う

あなたには、まだまだたくさんの力が眠ってるわね」 微笑む瞳に、優樹は少し恥ずかしさを含めて笑みを溢した

――ホントに優しい感じの人だな……

そう思いながら、ワンピースで隠れたお腹にチラッと目を向ける

「……赤ちゃん、……動きますか?」「またまだ

もうちょっと掛かるかなー」 笑顔でお腹を撫でる瞳に、優樹は間を置いてそっと切り出した

「……あの時……、私のこと、知っていたんですか……?」「ううん

あなたも好きかも:大王 パチンコ イベント
けど、なんとなくそうなのかなー? って思った

あなたも好きかも:マネトレ
あの子が好きになった子だもの、やっぱりわかっちゃうのよねー

親子よねー」 愉快げな笑顔に、優樹は「はは……」と目を合わせられずに俯き顔を赤くする

どう反応したらいいのか全然わからない

「その後、体調が悪いことはない?」 医者のような静かな問い掛けに、「あ、はい……」と、顔を上げて頷いた

「大丈夫です

思ったことも、出来るだけ閉じ込めないようにしてますし……、退院してからはもう全然、気持ちが悪くなったりもしてないです」「そう、良かった

じゃああとで、私が作ったクッキーをごちそうしてあげるから」「あっ……、でもホントにムチャしないでくださいっ

お腹に何かあったらっ」「平気平気」 心配する優樹に笑ってやり過ごしていると、遠くから反町がパン箱を持って走って来て、二人の側で足を止めると軽く背中を丸めて息を切らした

「走って来なくてもいいでしょ、この子ったら」「……ぜ、絶対に……優樹に余計なことを……、し、しゃべると思ったからっ」「あら