マキバオー スロット 中段チェリー恩恵

マキバオー スロット 中段チェリー恩恵

 そんなある日の事、ミクはとある事情で学園にある一室を訪ねていた

「ええと、すみません

あなたも好きかも:パチスロ ミク ちゃん 設置 店
ここが実行委員の部屋でしょうか?」 妙に騒がしくしている生徒たちに引け目を感じつつ、とりあえず、近くにいた女子生徒を捕まえたミクがそう確認した

「あー、はい

そうですよ

何かありましたか?」「はい

クラス委員に頼まれて、届け物を」「ん? 届け物? ・・・・・・ああ、これね

あなたも好きかも:リアル沼 パチンコ
ご苦労様

私が預かっておくよ」 ミクが渡した書面を見た女子生徒は、軽く頷きながらそう言ってくれた

 それに安心したミクは、頷きながらその書面を女子生徒に渡した

 これでミクの用事は終わったが、先ほどから気になっていたことを聞くことにした

「随分と慌てているようですが、なにかあったのですか?」「あ~

あなたも好きかも:gpd win オンラインゲーム
やっぱり分かる?」 女子生徒は少しだけ騒がしくしている者たちを見ながら苦笑した

「こんな時期になって、講堂の使用時間に空きがあることが分かってね

その時間をどうするかでいろいろと揉めているのよ」 女子生徒の答えに、ミクは納得の表情になった

 ミクが今来ている部屋は、学園の学園祭実行委員会が置かれている場所だ

 たまたま用事で手が離せなかったクラス委員に代わって、ミクが必要な書面を届けに来たのである

 普段はいまほど騒がしい場所ではないのだが、どう見ても誰もが慌てているように見えたために、ミクが気になって聞いたというわけだ