パチンコ 携帯 貯玉

パチンコ 携帯 貯玉

「すまないな

……二人も来てくれたのか」「それで、ご用というのは?」 愛想振りまくことなく真顔で話しを進める竹谷に、優樹は少し顔をしかめる

だが、教師は構うことなく「こっちだよ」と椅子を立って二人を導き歩き出した

あなたも好きかも:arrow パチンコ 店舗
「体育祭の時に配布する資料なんだ

各学年、クラスごとに人数分ずつ振り分けて置いてくれるか? あと、それが終わったら各担任の先生たちの机に配って置いてくれ」「わかりました」 各クラスの人数表を手渡し、教師は自分の席に戻って再び仕事を始める

優樹はそんな教師を目で追ってため息混じりに竹谷を見上げた

先生だって他のお仕事があるんだから」「見てればわかるよ

……さ、それまでは仕事しようか」 あっさりと返して、竹谷は言われたとおりの仕事をこなしだす

優樹も渋々、彼と同じく仕事を始めた

 ――それからどれくらいが経っただろう

 二人とも言葉を交わすことなく黙々と真面目に仕事をこなしていたが、竹谷は優樹に近寄って「ほら」と顎をしゃくった

あなたも好きかも:スロット 当たり目
優樹は「なあに?」と怪訝に手を止めて指し示された方へと目を向ける

あなたも好きかも:リゼロ スロット フェイク前兆とは
二人の視界にあるのは、コーヒーを飲みながら談笑をしている教師たちの姿――

 竹谷は腰に手を置いてため息を吐いた

「これが証拠だよ

先生が忙しいって? 忙しい人間がコーヒー飲んで笑ってるのはおかしいでしょ」「……