ガルガンティア スロット リセット

ガルガンティア スロット リセット

「とても気になりますわ

ほほほ……」「ふむ

では、教えてやろう

そうは言っても教えられる部分だけだ

あなたも好きかも:rpgツクールmv スロット
詳しく言えぬところが多いからな」 得意気に笑いながら、アナスタージウスが口を開く

あなたも好きかも:リラックマ パチスロ 設置店
誰かに言いたくて仕方がなかった顔をしている

「其方と話をした後、私はエグランティーヌと二人で話をした

其方の忠告を聞き入れ、エグランティーヌが望んでいること、自分が望んでいることを確認するため、人を介さずにきちんと話し合ったのだ」 そこでエグランティーヌが何故突然そのようなことを言いだしたのか、と訝しげに問いかけてきたそうだ

図書館から連行されるわたしの姿は多くの学生に見られていたようで、わたしの関与をエグランティーヌはすでに知っていたらしい

 嘘を吐いても仕方がないので、アナスタージウスは正直にわたしと話したことを告げた

間に人を介しすぎて、心が通じていないと指摘された、と

 そして、エグランティーヌの望みを聞きだし、それを実行するために、それから先の土の日や講義を終えてできた余暇を使って、王城やクラッセンブルクへと動き回り、エグランティーヌのために奔走していたらしい

「まだ発表されていないので、詳しいことは言えぬが、エグランティーヌの喜ぶ顔は見られた

私が初めて見るような笑顔で、まさに光の女神と見紛う美しさであった」 そう言いながら、アナスタージウスが表情を綻ばせる

今まで見たことがないような優しい笑みで、全身からエグランティーヌへの愛しさがダダ漏れだ