朝 から スロット

朝 から スロット

「ネア、朝食の前で良ければ俺がやろうか」「ウィリアムさんが結んでくれるのですか?」「……………ウィリアムなんて」「おい、お前はなんで泊まる前提なんだ」「あれ、言ってませんでしたか?クロウウィンが明けた後も、夜明けまでは何かと心配ですからね

あなたも好きかも:海老名市 パチンコ 求人
今日は元々泊まる予定だったんですよ」そう微笑んだウィリアムに、アルテアは苦々しく顔を歪める

そして、薬を飲ませる必要があるしなと呟き始めたので、これはアルテアも泊まるつもりだなと、ネアはこくりと頷いておいた

(エーダリア様達も、今夜は少し屋台を見られたかな…………)昨年のクロウウィンで銀狐がキャラメル林檎の虜になったので、その屋台には立ち寄ると聞いていた

恙無く終わり、ゆったりとした幸せな時間が流れてゆくのを感じながら、ネアは本日二杯目の温かいメランジェを飲み、至福の表情となる

(今日は……、)その直後、窓硝子にびたんとキャラメル林檎の包み紙の精が激突した

「ぎゃ?!」ばくばくした胸を押さえて、窓の向こうを見る

あなたも好きかも:地獄少女 パチンコ 甘 潜伏
窓に激突したキャラメル林檎の包み紙の精は、へろへろしながら空に戻って行った

葬列の魔物の巨大な姿は見えなくなっているので、この辺りはもう通り過ぎてしまったのかもしれない

その大きさに、災厄としての蝕の恐ろしさを見たりもしたが、ウィームの夜はすっかり日常を取り戻し、どこか奇妙な生き物に溢れて賑やかで美しい

ここにはいないエーダリア達や、ゼノーシュ達も、この夜のどこかでクロウウィンを眺めているのだと思う

あなたも好きかも:メフィスト ファウスト スロット
そう思うと、この夜の全てを額縁に入れてずっと残しておきたいくらいだ

その、通り過ぎてしまえばたった一瞬でしかない宝物のような時間を無事にみんなで分け合えたことに、ネアはもう一度微笑みを深めたのだった

「ねぇ、あなたは偉い方なのでしょう?私のお気に入りの絵を私に下さらない?」雑踏の中でそう話しかけられ、こちらを見た美しい金髪の乙女と目が合った

ぎくりとするほどに鮮やかな緑の瞳をしていて、その容貌は可憐で繊細だ

ふわりと揺れたドレスは夜の色をしていて、クロウウィンの夜に溶け込むようで胸がざわついた