難波 道頓堀 パチンコ

難波 道頓堀 パチンコ

何も答えない彼らに男子は更に続けた

あなたも好きかも:パチンコ 百花繚乱 潜伏ループ
「尾田の所も力があるけど、あの子の所もそう

……尾田もさすがにあの子には手出し出来ないんじゃないかって思うんだ

社会的地位には敏感なヤツだから

……尾田としても、あのお嬢様がここまで追い詰めてくるとは思ってかなかったはずだし、すぐにリタイアして逃げ出すって思っているはずだ

オレたちは、そこに賭けたい

尾田を叩きのめすなら、あの子の力をバックアップに出来る、今がチャンスだと思った」「あの子自身だって、親のコネがあるからここまでのことが出来てるんだろ? 何も恐れずにさ

あなたも好きかも:パチンコ を やめたい
……尾田とは違った力の使い方だけど、あの子がそれを盾に立ち向かうんなら、悪いけど、オレらもそれを隠れ蓑に動くことが出来ると思ったんだ」「都合いいって感じぃ」 華音がムスッと頬を膨らませて腕を組んだ

「大体ねぇ、優樹が親の力を使ってどうこうするわけないじゃないのよー」「例えそうでも、尾田の方はそうは思っていない

オレらだってそうだ

だから、誰一人としてあの子になかなか手出しが出来なかったんだからさ

“大物”がバックに付いてるってわかれば機嫌は損ねたくないからな」 ――以前、優樹が生クリームを顔面に浴びたとき、田中が言っていた

優樹に関わると怖いことが起こりそう、と

彼らも同じだ