ハクション 大 魔王 スロット

ハクション 大 魔王 スロット

「しかし、そういうわけにもいきません! もう人が――!」 一つの入場門から、数人の兵たちが入ろうとしていた

 仕事のためか、名を上げようと先走ったのか、先行の理由はわからない

けれど、ローウェンを倒そうと、戦意を燃やしているのは遠目でもわかった

 僕は舌打ちと共に、彼らの元へ向かう

 駆ける途中、背後から鋭い殺意を感じ取る

あなたも好きかも:ダイパ スロット 色違いピッピ 確率
『感応』ではなく《ディメンション》で、その正体を正確に把握する

 ローウェンの八本の腕全てに、魔法で作られた宝石剣が握られていた

あなたも好きかも:黒炎王 スロット
 大魔法の詠唱を行いながら、その内の数本をローウェンは乱暴に投げつけてきた

 その対象は僕でなく、結界内に入ってきた新たな敵――ヴアルフウラの兵たちだった

「――魔法《次元の冬(ディ・ウィンター)・終霜(フロスト)》!」 幸い、地面には多くの水溜りがあった

あなたも好きかも:バイオ ハザード パチンコ 好調台
 僕は水に魔力を通し、氷の壁を作成する

その表面は丸みを帯びており、正面から飛来してくる宝石剣を上手く逸らしていく

 しかし、ローウェンはさらなる宝石剣を地面から生成し、投げる数を増やす

 その全てを氷の壁だけでそらすことはできない

 僕は全速力で射線に飛び込み、宝石剣を剣で弾いていく