リング 呪い の 7 日間 パチンコ 新台

リング 呪い の 7 日間 パチンコ 新台

最近では、マリア=スコールが白化症治療に関してなにがしかの手がかりはないかと籠もりきりだったことが記憶に新しい

あなたも好きかも:栄町 パチンコ アルバイト
結局はなんの手がかりも見つからなかった上、当のマリアは、リョハンから消失してしまった

 そのマリアがまさかベノアに移動していて、ミリュウたちより先にセツナとの再会を果たすなど、想いも寄らないことだ

 そんなことに想いを馳せながら、ミリュウは、大書庫の書棚から書物を抜き出しては、エリナに手渡していく

あなたも好きかも:シュタインズゲート スロット ランヴォア 天井
エリナはミリュウが行くところには必ずついてきていたし、いまも一緒だった

ダルクスもだ

あなたも好きかも:ブラックジャック 用語
彼は既に両手が完全に塞がる量の書物を抱えていて、もはやエリナしか頼れなくなっている

「この変でいいかしら」「師匠! これ、どうするんですか!?」「殴るのよ」「はい!?」「本の角って、痛いのよね、案外」 ミリュウが本の角を触りながら述べると、エリナが愕然とした

「いや、それはわかりますけど、本気ですか!?」「冗談に決まってるでしょ

ちょっと調べ物よ、調べ物」「なにを……?」「さあ、なにかしら」「さあ……って」 エリナが困惑するのも当然だと想いながら、ミリュウはいくつかの本を手に取ると、ダルクス、エリナを連れて手近にある机に向かった

大書庫には、蔵書を読むための空間があり、そこには、いまはだれひとりいなかった

 それはそうだろう

 ネア・ガンディアとの激戦を間近に控えており、一般市民は避難し、リョハン中の武装召喚師が戦闘準備に入っている

大書庫に籠もって本を漁っている場合ではなかった

本来ならば、ミリュウたちとて、このようなことをしている場合ではない

 そんなことはわかっているが、戦術が決まるまでは暇を持て余すのも事実であり、その持て余した時間を無駄にしたくないという気持ちが、彼女を古代の記録が封印された書庫へ誘ったのだ

 知識は、力だ